no motor,no life

BGMは体の一部

bar 僕は洋楽が大好きなのですが、殆どの人は何かしらの音楽を口ずさんだり、頭の中で流したり、目覚まし、ケータイの着信音だったりと切っても切れない関係だと思います。

中学生の時はリトルリーグや部活の試合で早朝に起きる事も多々ありましたが、目覚ましに流していた曲はMSGの「Save yourself」が鉄板でした。

マイケル・シェンカーはもうじいさんですが、ほんとにカッコよすぎて笑っちゃいます。 家族には甚大な迷惑をかけました事、ここに深くお詫び申し上げます。
ちなみに中学に入るまでは音楽=不良だと思っていました。ギターを初めて半年でこの変わり様。ガキは怖いです。
これ以外にも、前日の気分によってセットする曲は変わり、Extremeの「Warheads」,Whitesnakeの「Badboys」,Pride & Gloryの「Horse Called War」あたりをヘビーローテーしていました。
重ねて、家族には深くお詫び申し上げます。

サーキットに行く時は自走なのでさすがに曲を聞きながらという分けには行きませんが、頭の中では流してます。
Lany Kravitsの「Battlefield Of Love」とか「5」の曲全般、Foo Fightersの「The Pretender」。道中は2時間くらいあるので、力が入り過ぎないようにTower of Powerの「Soul with a capital S」を始めFunkyな曲も高速道路のBGMとして頭に流れてます。
走行会で戦う訳ではありませんが、氷室京介さんの「NATIVE STRANGER」も外せません。

続いてピットを出てWarm up3周ぐらいは、マシンや体、コースの状態を確認しながらWWEレスラーの入場曲が流れます。
Edgeのテーマ,Randy OrtonのテーマをBGMにしながら、あとはエンジン音のみで走行開始。

こうやって、なんと眠くてだるい体をスポーツができるように上げていってます。
サーキットを走る日の朝は結構な早起きになるので年々辛くなって来ていますが、まだまだ栄養ドリンクには頼らずに遊びたいです。


〜あとがき〜
ちなみにコケた時にすぐ思い浮かぶのはBon joviの「Dead or alive」です。「♪I’m a cowboy, on a steel horse I ride〜」我ながら中々の強がりです。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。