no motor,no life

次期マイバイクのパーツ調査とか予定とか

bar

久しぶりにライダーにとって楽しみな時間が僕にもやってきました。次のバイクはもう新型GSX-R1000のレースベース(発表されてませんし出るかも知りません。春までには出てるんじゃないかと勝手に期待w)と決まっているのですが、いままであまり興味がなかったリプレイスパーツ選びの長い長い時間の始まりです。


■レースベースの購入を考えている理由
安いからって核心を言うと終わるのでこれは置いといてw、自分くらいのレベルのライダーが草レースで乗るには公道モデルの軽いモデファイで問題ないんですけど、今みたいにライトにテープ巻いたりした中途半端じゃなく一回ちゃんと1台のバイクを体が丈夫なうちにレーサーバイクとして使い倒したいのと、レースレギュレーション対応への工程がいくつか省けるって所です(実はそう変わらないかも)。
ツーリングしたくなったら、僕はもう公道はスーパーカブで良いかな。30km/h以上出しても捕まらない排気量のやつで。自分の精一杯のブレーキングや立ち上がりはコースだけでやって、それが出来ない場所でSSに乗りたくないという心境に成長?または退化?しました。もともとツーリングなんかでは男女問わずに点にされる遅走りですし(笑)

■マフラー
何でも良いどころか、マフラーはカッコ悪いから不要派なんですけど(今のMotoGPヤマハ機の車体からはみ出る部分をぶった切ったようなマフラー最高!)、うるさいのは嫌いなのとさすがにサイレンサー無しでは煩くてサーキットでも走らせてもらえない。何か着けないといけないんですけど、今回は長いものにまかれて見ようとw、アクラポビッチのフルエキを入れる予定です。今のところどの販路も入荷未定ですが。。。
長いもの=GSXならヨシムラじゃね?と思う方が多いでしょう。そこはあれですよ、例えば「良いギター」でもストラトがあればレスポールもあるし、僕は洋物かぶれなので♪
 ※あと僕はサッカーが好きで、「何とかッチ」って名前が多い国の物や人の性能、才能を信頼していますw

■レースカウル
クレバーがヨシムラと同じ顔の端が尖ってないカウルを市販してくれると良いのですが、今の所無いのでどこでも良いかな。KDCが若干安くて制作予定は有るみたいなので、早く出ないかな〜♪
海外製も調べましたが、あまり値段が変わらなかったり、シートは純正シートを使うタイプだったりでなんだかなと思いました。
塗装は1色でも塗る予定だけど、あとはカッティングシートで済ますつもり。今と同じようなデザインの予定です♪

■燃調など
レースベースのコンピューターがどうなるかわかりませんが、燃調ができてマップも2マップくらいは入れられると良いな〜と思いつつ、そうであれば購入当初からサブコンは入れない予定。パワーは今乗ってるL1型以上は出るにきまってるけど、今までのようにS1000RRやR1にストレートで簡単に離されたり抜かれてイラッとするような事がまた起きたら何か考えようかなw
新型用のBazzazも出ててるけど、シフターもトラコンも実際乗らないとわかりませんが純正システムでネガな話は見たことが無いので今の所はパス。トラコンは僕レベルでは良くわかりません。今のBazzazも殆ど発動させたこと無いしさせられない(苦笑)

■バックステップ
今まで使ってたnao製が剛性感も高くて(触って乗ってる感想だけですが)安心して乗れるんですが、新型用は出るかは不明。無かったら安くてスペアパーツが入手し易いストライカーかな。戦いは兵站の準備次第って事で。

■ブレーキ
もてローのス―プロは純正マスターしかだめらしいのでブレンボは入れられない。マスターより価格が高いブレーキデスクは変えて良いみたいなんだけど、なぜに(茂木って事で、標準が貧弱デスクなバイクの救済措置かな)?
パッドは引き続きエンドレス製。変えてから(&パッドピンも変えてから)ブレーキングとリリース操作が楽しくてしょうがない♪
僕のブレーキング自体はまだまだ全然なレベルなんだけど、握りこんでも怖さなく楽しくブレーキングできるのはこのパッドの良い点だと思います。

■足回り
変えないけど、リアについてはスピードレンジが高くなって元々バネレートを上げてるフロントとのバランス面(車高)に関して絶望を感じたので(苦笑)、新型でもまた絶望を感じたら考えます(ヨシムラが車高調キットを出していたことを最近知ったw)。まずは新型にしばらく乗ってどうだかですね。STDのままであれば今のマイバイクよりも前後車高はバランスしてるでしょうし、今度からは自分のフィーリングももっと信用しようと思います。

こうやって書くとほんと楽しみだ。明日起きたら全部部屋に揃ってないかな(笑)

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.