no motor,no life

もてぎ4回目2018スープロ第4戦決勝編-END有るRAIN-

bar

やーウルトラFESの「二人セゾン」は良かったな〜。1人1人が曲の中の「君」を失った「僕」と同化していてTV画面を埋め尽くす二人セゾン。喜怒哀楽とは違う、二人セゾンという感情が画面から溢れ出る。何言ってるか分からない?新しい感情だから分からなくていい!最後のおじぎですら、全員がこのまま消失してしまうのではないかと思ってしまう儚さ。もう表現できないものはなく、表現できる何かを自分達で創造していくフェーズに入ったんだなと何度も録画を見返す。涙する。見返す。平手さんの腕のケガもメンバーと自信のパフォーマンスが自然とかき消す。もしフルコーラスバージョンで披露されていたら日本の涙は枯れていただろう。危なかったな、日本。

あ、脱線してしまいました♪ 続いてはス―プロ決勝篇ですw
(さらに…)

もてぎ4回目2018スープロ第4戦予選編-語るなら未来を-

bar

9月15日(土)雨曇り晴れ。もてロー2018の最終戦。前回の記事で「青空の下でまだ無理をしなきゃいけないか」と欅坂46「アンビバレント」の歌詞を拝借してサブタイトルを付けたら、今度は全天候の下で2日間無理をする事となってしまいました。。。結果的にWet路面の走行は楽しかったから良かったけど♪
雨も走りたいけど掃除が大変だから走りたくなーい。あー再びアンビバレント。。。

(さらに…)

レース前整備-青空の下でまだ無理をしなきゃいけないか-

bar

筑波TTでS藤さんが予選のチェッカーラップで逆転ポールを獲得した翌日に青空整備@トミン(レース展開は言わないw無事感想!)。9月も半ばに差し掛かるけど普通に暑くてちょっと熱中症気味になりました(苦笑)。
前回に転んだ内容をバイク屋さんに話すと、体重やら他の同型車ライダーの動向やらでフロントのバネを変える事にしました。次のレースぶっつけになりそうだったけど、次よりその次(というか来月予定している鈴鹿のためw)のためにとっとと交換する事としました。毎走、底付きしてイニシャル締めてますしね。ブレーキリリース時の戻り動作も速いし。茂木でもブレーキング中のシフトダウンでサスが戻る(のが体感できちゃう)今までにない感じなんですよね〜 (さらに…)

PAGE TOP

bar