no motor,no life

もてぎ8回目2019スープロ第2戦-ZARCO-

bar

5月18日(土曜)晴れ。先週のスポ走に続いてもてぎでもてローSP-1に参加してきました。
前回(昨年9月)のレースが雨だったので、ドライでは久々のレースの記録。

(さらに…)

もてぎ7回目-円盤化-

bar

欅ヲタならお馴染み、運営の今野氏に届け!(みんなグランジ遠山校長に続け!)w
そろそろ唯一のリリース円盤、欅共和国2017が再生しすぎで擦り切れるんで、アニバ落選組みの為にもそこのところよろしくお願いします。

あ、どうも、欅ヲタの僕です♪

5月12日(日曜)晴れ。もてロー前に最後の走行に行ってきました(5月は移動疲れで金曜の特スポには行きませんw)。
(さらに…)

もてぎ6回目-クララが-

bar

アニバーサリーライブのライブビューイングも外れたら泣いちゃうよ6歳の子供いないけど。武道館ファンクラブ先行は安定に外れました(TT)

あ、欅ヲタの僕です♪

天気だけでは刺客が足りないと思われたのか、朝からサーキット付近の道路工事の片側信号無視車両に殺されかけ、死ぬ思いをしてやっともてぎを走り始めることができました。俺はジョン・ウィックじゃない!w

水曜の筑波でほぼ初期整備が終わっていて、走行も11:15からなのでピット取り以外は暇。荷物を降ろして2時間くらい睡眠(まだ寒かった)♪


ただし起きてからトラブルは色々起こり、まずはPCが変わったのでレースECUからデータを間違いない手順で拾ったのだけど、なんか初期MAPになってる様子。一定期間で初期化される?(結果、シフター不調はほぼ確定。初期マップは濃いから燃費が悪いのも確定。。。旧PCに入れたMAPは僕が消しちゃったのだけど。。。お店にしか無いし。。。メールで送ってもらってもよかったけど。。。)
ただし。雨が降り出したので11:15の1本目はパス(チケットは購入済み。。。)。


次の走行が15:30スタートなのと、午後は気温上がったけどこういう日なので、フルコースではもったいないから筑波1000で試そうと思っていたバックステップポジション変更(※)を実施してみました。
 ※旋回中外足外れ対策兼ベースの荷重位置変更テスト。
 外足は腿ホールドはできてるので良いっちゃあ良いのだけど。

一個上に上げてみたけど、停止状態で体を入れてみるとイン側が窮屈でピクピクするに違いないので後ろにも1つずらす。結果一番上の一番後ろに。
転けた時にリプレイスで付けてもらってた片側のステップバーがヘンテコな仕組みで、念のため持ってたハンダコテが活躍するわけのわからない作業を経て、無事走り出す事ができましたw

■A2(15:30〜、路20℃)
新しいポジションは中々膝を擦らないのが良くて、バンク角が稼げて自由にできるのが良い。S字はリズムよくガンガン入って行けてケツの位置もピタッと決まるのでポジションであわあわしないのが良い。が、このバイクが強い1コーナーとS字以外は曲がらないのは変わらずで(良いコーナーも曲がって無いが開けて誤魔化せる)。
この日も待って開けてもアウトに行って縁石踏むか減速しずぎて止まっちゃうかの中間が無い走行になり、任意の後ろ乗りベースは楽だけど無いなって感じが優勢。4コーナーで開けて開けただ膨らんじゃうのは論外だし、スピード落ちすぎるコーナーも、じゃあ開けて曲がれるかと開けたらそのまま外に行ったw。
乗車位置は前に戻して、前後バランスは付き戻しとかチェーンリン数で調整するのがいいのかな。劇的な変化は期待しないけどフロントヘビー感が薄まって転がり感が出てくれれば、それ以外は何も望みませんw(※)。
シフターは初回の時同様で5速で落ちなかったり入らなかったりが多発でお話しになりませんでした。ずっと1台についてこっちのどこが良いか、悪いか、加速はどうか、ぶつからない間隔で見ていたのでタイムは8秒〜11秒程度。
 ※筑波で話した元BFFユーザーさん曰く、BFFはバネだけでダメだから
 オーリンズ一択との事で(苦笑)。。。困ってる事は同じだったので、でも
 慣れるしかない手の打ちようも無い絶望は感じてる。

■今日の最高速
前にぶつからないように5速6速はマージン見てたのもあって、初回より遅い246km/h(GPS)。8秒台の時なんか236km/hで500ccかとw
燃調MAP&真冬で258km/hの値はあるので、この日はやってる事も違うし特に気にはしてません。

高いけどR1買っとけばとか、バザーズの方がましなんじゃない?とか、車体作りでこんなに悩む事になるとは、と思いつつ、サプライが全日本に同じような車体構成で参加するという事なので情報に期待して、11月くらいを楽しみに調整を続けて行こうと思います。トラコンはもう無いものとして優先度最低ランクにしてるので(※)それ以外に期待w
 ※ところがギッチョン。動画で見ると3コーナーとS字立ち上がりで
  頻繁にトラコンかかってました。1つの貴重なログ♪



■GSX-R1000RL8 車体メモ
箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値(変更値)
FI/ 未確認/S-7.75/S-11.5
FT/ 未確認/H-2.5/H-2.5
FC/ 未確認/H-3.0/H-3.5
RI/STD(値未確認)/STD+1/2
RT/ 未確認/H-3.0/H-3.0
RC/ 未確認/H-2.0/H-2.0
サスの状態/ 現在1470km
フロントバネレート/ STD(10.25)→10.7(K社同サスのキットパーツ。)
Tire:D213 F:ソフトR:ミディアム
・フロントリア:もてぎ80分、筑波1000を60分、筑波2000を45分
 ※リア逆ばき30分。
走行エア圧F:2.6 R:1.5
スプロケ・チェーン/ 15(-2)-45(STD)・525(STD)
パワー/トラコン:A-8、30deg=1.5、40deg=1.9

もてぎ5回目-風に吹かれても-

bar

「トラクションコントロール♪ずっとかからなく〜ても♪愛しさがずっと続くだろう♪」なわけあるかーという事で、7月のもてロー以来、久しぶりにドライのもてぎ。
トラコン、シフターの確認や燃調後初フルコースだったりで今年最後の予定だけどやる事はたくさん。最終枠は間違いなく冷えてるから転倒だけはしないようにだけど枠はフルグリッド60台など、気にすることは整備ミス含めて沢山でした。

(さらに…)

もてぎ4回目2018スープロ第4戦決勝編-END有るRAIN-

bar

やーウルトラFESの「二人セゾン」は良かったな〜。1人1人が曲の中の「君」を失った「僕」と同化していてTV画面を埋め尽くす二人セゾン。喜怒哀楽とは違う、二人セゾンという感情が画面から溢れ出る。何言ってるか分からない?新しい感情だから分からなくていい!最後のおじぎですら、全員がこのまま消失してしまうのではないかと思ってしまう儚さ。もう表現できないものはなく、表現できる何かを自分達で創造していくフェーズに入ったんだなと何度も録画を見返す。涙する。見返す。平手さんの腕のケガもメンバーと自信のパフォーマンスが自然とかき消す。もしフルコーラスバージョンで披露されていたら日本の涙は枯れていただろう。危なかったな、日本。

あ、脱線してしまいました♪ 続いてはス―プロ決勝篇ですw
(さらに…)

PAGE TOP

bar