no motor,no life

もてぎ8回目2019スープロ第2戦-ZARCO-

bar

5月18日(土曜)晴れ。先週のスポ走に続いてもてぎでもてローSP-1に参加してきました。
前回(昨年9月)のレースが雨だったので、ドライでは久々のレースの記録。

(さらに…)

筑波1000ミニ初回-極寒耐久2019-

bar

紅白で欅の推しの一人がセンターで場を圧倒する姿が超絶にエモく(もちろん場は全員で圧倒していた♪)、年明けCDTVのリサビバレントに良い意味で裏切られて、とにかく良かった事が伝えたいので本題の走行メモに入る前の前書きが毎度長いのも許してって感じに気分の良いお正月も過ぎた1月13日(日曜)。
筑波1000で開催される極寒耐久2019に参加してきました。
ミニバイク乗るのにお正月で明らかに太ったんですけどね。まあ、まあ(苦笑)
(さらに…)

レースのスタートと練習

bar

幸い、過去6レースともスタートから1コーナーまでに2〜6台抜いてるんですけど、感覚的には全部失敗か無難スタートですマジで。
ただ、ピコピコフロント上下したり順位が下がらないように普段やってる事があるので、そんな事をただの暇つぶしで、独断と偏見やウソ?まじえて書こうと思います。 (さらに…)

もてぎ4回目2018スープロ第4戦決勝編-END有るRAIN-

bar

やーウルトラFESの「二人セゾン」は良かったな〜。1人1人が曲の中の「君」を失った「僕」と同化していてTV画面を埋め尽くす二人セゾン。喜怒哀楽とは違う、二人セゾンという感情が画面から溢れ出る。何言ってるか分からない?新しい感情だから分からなくていい!最後のおじぎですら、全員がこのまま消失してしまうのではないかと思ってしまう儚さ。もう表現できないものはなく、表現できる何かを自分達で創造していくフェーズに入ったんだなと何度も録画を見返す。涙する。見返す。平手さんの腕のケガもメンバーと自信のパフォーマンスが自然とかき消す。もしフルコーラスバージョンで披露されていたら日本の涙は枯れていただろう。危なかったな、日本。

あ、脱線してしまいました♪ 続いてはス―プロ決勝篇ですw
(さらに…)

もてぎ4回目2018スープロ第4戦予選編-語るなら未来を-

bar

9月15日(土)雨曇り晴れ。もてロー2018の最終戦。前回の記事で「青空の下でまだ無理をしなきゃいけないか」と欅坂46「アンビバレント」の歌詞を拝借してサブタイトルを付けたら、今度は全天候の下で2日間無理をする事となってしまいました。。。結果的にWet路面の走行は楽しかったから良かったけど♪
雨も走りたいけど掃除が大変だから走りたくなーい。あー再びアンビバレント。。。

(さらに…)

PAGE TOP

bar