no motor,no life

筑波スポ走23回目B1B2-人並みのアクセル操作-

bar 6月10日(土)晴れ。B1の1枠しか取れてなかったのですが、簡単に言うと”知り合いの兄貴の同級の知り合いがあれしてこれで”って感じでB2もゲット。一緒にB3も転がりこんできたのだけど逆履きしないとだから、また簡単にいうとWinWinの人が見つかって譲渡。筑波TT前の調整がバッチリできました。
6時前に着いて最終池前に陣取る。暫くするとS藤さんも到着。珍しくやるが事ないので、筑波で全く取れなくなっているラップタイマーのセンサー位置をアンダーカウルの底に着く位置に変えてみる。フレーム底の触媒固定穴に固定。

取り付け箇所も変更。結果的に誤計測なく計測できるようになりました。
チケットを買ったり用意をしていると、日産のリーフカップらしい予選っぽいのが7時30から始まった。いくらなんでも朝早くないかw
1ヘアを見ていると手前の右縁石を大きくカットしてコースが埃だらけになってる。4輪は4輪でできる事が違うのでそれは良いのだけど、直後にバイクのB1枠なんだな(汗)。

■B1(AM8:00 気温20度、路温30度) 走り始めてしばらく新調したグローブの感触を確かめてみる。S字前の体移動中でも開けやすいし、ストレートも目論見通り早く全開にできて全開固定も楽になった。始めてだ。バックストレートで1秒くらい休憩できる!w
その後は1ヘア立ち上がりにゴープロのケースとか2ヘア進入に二―スライダーが落ちてて毎周位置変わってないかどうしても気になるから抜いた走行で4秒7。
この時間のタイムとしてはいい方だし、まだやってる感もないから良いのだけど、前回の1本目と同じく右ひざ内側がツナギのパッドに圧迫されてちょっと気になるくらい痛かった。
また、ピットスルーするだけでもブレーキのタッチが回復する事も確認できました。予選の連続周回で嫌いなタッチまで行った時に生かしてみよう。

このままでは終われないと思っていると冒頭の通りB2枠をゲットできたのですが、コースイン前に僕のトランポの前にCBRなにがしの鍵が落ちててですね、とりあえず時間もないので当人が跡をたどる事を期待してこうして置きました。


B2から戻ってきても拾われてなかったので、受付に持っていこうとしたら目の前で当人が探していて渡す事ができました。タイヤを重しにしたからわかりにくかったか、ルアーと一緒に釣り竿で目線の位置に垂らしておけばアイキャッチになってもっと良かったかな。コース外でも修正点がいっぱい(笑)

■B2(AM9:20 気温23度、路温45度) 色々分かりやすい路温になってきていい感じです。1コーナーのブレーキングでリアが外にウネウネするのもわかりやす。何回か試してると、ちょっと傾けてしっかりブレーキングした時にリアが外にウネウネしやすいらしく、今まで傾向がわからなかったのだけど良いヒントにもなりました。ウネウネの「ネ」でターンイン=向き変え早期終了できないかな?とやってみたのだけど、掛かったブラックバスをバラすみたいにそううまくはいかない(苦笑)
タイムは4秒2でベスト更新できたのだけど、前に僕より速いのは確実そうだけど慣らしか久しぶりか、少し気になる人を置いた状態でちょっとこっちに余裕があったからその中でブレーキを遅らせてみたり、各コーナーのライン面での精度に注力したり、ベスト付近のタイムで色々試す事ができて良い手ごたえを感じる事ができました。

誤計測がなくなりリアルタイム監視復活!

何より全開に楽に回せる時のエンジン音を聞きながらのコース走行はたまらないしやる気も引き出されて楽しいです。ほんと、スイッチが入る♪

B3は走らないので、リアだけ逆履きタイムアタック開始。S藤さんがB3走行に出てから戻ってくる前に何とか逆履きを車体に戻す事ができた。エアコンプレッサーまでの往復が遠いから、それを考慮すると15分以内は固いな(笑)。ホイールは傷がつかないように丁寧に扱いました。

■今日の最高速 223.9km/h(GPS)。下がったw
150M看板を基準に動画で見ると、いつもよりちょっと早く回転が達してるからアクセル抜いたみたい(苦笑)。それ以外は少しUPしたのと、初速、中間速が2〜3km/h上がったのはグローブのおかげかな。アクセルの遊びも調整不要な状態。

僕もそんなに馬鹿じゃないので本番でいきなり全LAP2秒台が出るとは98%思ってませんが(笑)、ここに来て削りしろがどっと出てきた事と、色々とっ散らかっていた物がようやく全部同じ点に目を向けだしたようなB2の走行がとても大きかったと思います。ただ、朝1の予選には自分自身まったく期待を持っていませんw
金曜のフリーと特スポは部分確認程度で終えようと思っています。だいたいこの辺で走行中にマフラーのエンブレムがぶっ飛んだりカウルが剥がれたり、レース前じゃないけど2016年最後にラジエーターに穴が開くし、欲張ると何か壊れるから(苦笑)
それよりなにより、6月のTTが終わって8月までは貴重な土日枠1回と旅行が重なって筑波を走れないのがかなり痛い(涙)

■GSX-R1000L1 車体メモ 箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値(変更値)
FI/ 16.5 / S→4 / H→8
FT/ 6 / H→4 / H→2と1/2
FC/ 8.5 / H→5 / H→6と1/2
RI/未確認/未確認/全抜きから2
RT/ 4.5 / H→2と3/4 / H→3/4
RCLow(内側)/ 5 / H→2と1/2 / H→2
RCHi(外側)/ 5 / H→3 / H→2と1/2
サスの状態/ 27,700kmでOH。現在29,200km
フロントバネレート/ 0.975(STD) → 1.05
Tire:D212ミディアム(前はS藤さんのお下がり)
・フロント筑波:80分+不明だけど程度良。
・リア:筑波90分。
スプロケ・チェーン/ 16(-1)-43(+1)・520
シフトセンサー:受け取り時と同じ。
トラコン:4

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。