no motor,no life

ラジコン:コース走行91回目-Buddies感謝祭-

bar 櫻坂46のアニバーサリーライブ。今年も武道館で開催されましたが、”Buddies感謝祭”と題されたように、今までのライブパフォーマンスだけとは違い、上手くセンターステージを使ったイベントチックな内容もあり、とても温かい空間となりました。
天の声の庄司さんが涙ぐんだり、振り付けのTAKAHIRO先生の3年目への決起演説みたいな語りも鳥肌ものでした。
その中で、私が行けた初日はTAKAHIRO先生の生解説で「条件反射で泣けてくる」の振り付けの意味にずっと背中がゾワゾワしてヤバかったのですが、さらに強烈なのが、2日目に行われたデビューシングル「nobody’s fault」の解説。
拡散されている情報によると、歌詞の世界は欅坂46から地続きで、汚れた空のこの世界を強く生きていく流れ。最後に両手で作った三角形で目にフォーカスする振りは欅坂46時代のデビュー曲「サイレントマジョリティー」に出てくる目にかかっていて、古代エジプトで右目は破壊、左目は再生を意味する。どちらの目に三角形をフォーカスするかをセンターの森田さんに委ね、森田さんは左目”再生”を選択。以降、櫻坂46の振り付けは再生を意識している。これを書いてるだけでもゾワっとしますがw、欅坂46時代の東京ドーム公演テーマが「破壊と再生」。欅坂そのものなんですけど、過去も包み込んで破壊せずに再生という選択と、2年経って明かされた真実に、改名当時の強い決意を感じました。「nobody’s fault」は私の中では曲というより櫻坂46の旗揚げ、決意表明に感じていて、だからこそ欅坂46のラストライブ直後に半ば強引にでもあのタイミングで披露しなければいけなかったと感じていたのですが(運営も賛否両論上等だったと思いますw)、ファンに提供されているものすべてに意味やストーリー、繋がりがあるこのグループを応援できることに心底感謝し、良かったと思える二日間でした。
「nobody’s fault」は、歌詞からすると改名だけではこの世界(グループ)は変わらない。ただ、改名も誰のせいでもない必然のリアル。欅坂で染み付いたものを糧にどう進む?で、ここからが今回知れわたることとなった「再生」が進むテーマになり、そう考えると「Buddies」も、「全てを奪った嵐は過ぎさり、何事もなかったようにこの世界は穏やかだ」=改名など色々あった「nobody’s fault」からちょっと進んだ世界。またみんなで未来へ向けて生きよう!集まろう!と読めもして、この曲の振り付けも奥深いものが隠されていそうです。2番Aメロの振りの意味、メンバーとその奥にいる山﨑さんがやってる事をちょっと考察してみただけでもエモい♪
あ、冠番組をずーっとナレーションしていて、卒業回などで私情が入りがちな間違いなくBuddiesな庄司宇芽香さんの登場と、Buddies感謝祭初日の深夜に放送された、TAKAHIRO先生と先生がダンスを始めるきっかけだった風見しんごさん(櫻坂のブレイクダンスを見ててくれた)のラジオも含めてBuddies感謝祭だと思った欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪
そろそろBD11で屋外アスファルトコースを走りたいところですが、ハイサイド対策やらデフやら449さんの車と合わせた検証でまたまたつくパーに行ってきました。屋内あったかいしA12もあるし、つくパーとたまにのラジ天名古屋だけでもう良いかw


(さらに…)

ラジコン:コース走行90回目-ハイサイド-

bar ワールドカップが盛り上がっていますが、選手が選び放題のビッグクラブや代表チームで先発11人の約半分、5人も途中交代ができるとなると、交代枠3人の時より試合中に大きくシステムも、なんならチームも変えられるし、もはやスタメンとは?という感じで、これまで以上に監督業が楽しそうだけど、あるベースシステムに固執するか選択肢を持つか、相手も同じ条件下なので、選手選考や試合後の振り返りなんかが大変そうだなと思いました。

あ、欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪
つくパーの走行日料金よりラウンドレースの方が安いのでという不純な動機でラウンドレースでラジコンを走らせてきました。と思ったら、今回クラスが減って予選が1回増え、その代わり間の練習走行が無くなりデータが無い人にはただただ痛い感じ。
スピキン明けで色々試しにきた私としては、レースとしては詰んだ1日となりましたw


(さらに…)

ラジコン:コース走行88回目-スピードキングツーアーに初参加-

bar 今まで櫻(欅)坂46のライブでアニバーサリーライブだけはチケットを取れたことがなかったんですが、今回ようやく12/8の初日をゲットできました♪
今年は「Buddies感謝祭」ということで今までとは趣が違うみたいですが、感謝するのはこちらですよと、武道館へ行ってこようと思います♪
なお、櫻坂46のアニバーサリーすなわち私の骨折手術のアニバーサリーでもあり、覚えやすいですw

あ、欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪
「スピードキングツーアーに初参加」と書くとディープパープルのメンバーになってD・カヴァーデイルとライブツアーでも廻ったかと勘違いされそうですが(されない)、ラジコンレースの名称で、例えば全日本が全日本プロレスならスピードキングツアーは新日本プロレスって感じでしょうか。絶対違うけどそう遠くない気がw

もうすぐラジコン2年目も終わるのでなんか大会に出とくかと、つくパー開催のスピードキングツアー最終戦のレースに参加してきました。最下位でも結構というゆるゆるの軽い気持ちでw
 
水曜日(祝日)と日曜のレースについてのメモ。


(さらに…)

ラジコン:コース走行88回目-がんばりきは生き様-

bar 東京ドームで開催された櫻坂46全国ツーアーファイナル2DAY。キャプテン菅井様にとっては櫻坂46として最後の2日間。
どこまでも菅井様らしいのが、本編は櫻坂46のライブを貫き通して全国ツアーとほぼ変わらない内容だったこと。櫻坂として東京ドームに戻ってきたというメッセージでしょう。そしてアンコールでは、菅井様なりの、今後の欅坂46という存在の在り方の内と外への提示と思われる内容だったこと。
初日のアンコールでは欅坂46幻の9thシングルだった「10月のプールに飛び込んだ」を有観客で初披露。その後に披露された「ヒールの高さ」では、曲終わりに土生さんがはける方向がわからず観客席側に来てしまうほど悲しみで理性を失っている姿が印象的でした。こっちに来ちゃってちょっとびびったしw、心にくるものがありました。 ユニット曲だった「青空が違う」も一人でしっかり歌いきり、「世界には愛しかない」でのポエトリーも完成させて爽やか系の曲でまとめる、悲しむにはまだ早い初日にふさわしい構成でした。
最終日。欅のOverture後にアンコール1曲目で「不協和音」を披露するのですが、不思議な事に欅坂の戦闘服を着る期間の少なかった二期生には戦闘服が似合って見えるけど、一期生は以前より似合わなく感じてしまい、色々と乗り越えて一番改名後の櫻坂をパフォーマンスで表現しているのが実は一期生なんだなあと、感慨深く見ていました。新2期生もしっかり欅坂のパフォーマンスしていてカッコ良いし、鬼気迫るものがありつつも、最後は菅井様が笑顔に変わっていく、櫻坂らしいかっこよさの「不協和音」。そして最後、従来なら「不協和音」の後にちょっとの間でも曲が続くことはあり得ませんでしたが、櫻坂46だからこそできる、個人的には欅坂46のエンディングテーマだと思っている、菅井様センター曲「砂塵」の有観客初披露。2日間で菅井様なりの欅坂46をしっかりまとめ、改名で欅曲をパフォーマンスする機会がほぼなかった、欅坂が大好きな新二期生への約束を自身の卒業の場で果たし、これ以上ない最高の終わり方に感じました。スピーチでは、欅と櫻どっちが良い悪いじゃなく、お互い尊重して両方愛して欲しいとおっしゃり、今後もずっと両グループを守っていく偉大な初代キャプテンの言葉になると思います。

初日に菅井様がメンバー一人一人に言葉をかける場面では、小林さんが欅坂時代に代理でもやると心ない人に叩かれることの多いセンターポジションだと思うけどダブルスタンバイだったことを明かしてくれたり(小林さん本人は絶対自分で言わないでしょう)、最後の挨拶では、7年間、グループを守るために”闘ってきた”、それでも楽しかったという言葉を残してステージを後にされました。応援していて何かちょっとは役に立てたのかなあと。

スピーチをしているときに静電気で髪が立ってたのがらしかったですが、最後まで最強に可愛らしい、最高にカッコよく強いキャプテンでした。
ご卒業おめでとうございます。

あ、欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪

スピキンの練習も兼ねて、BD11とA12の走行でつくパーへ行ってきました。

(さらに…)

ラジコン:コース走行87回目-AS you know?-

bar 櫻坂46の全国ツーアーが無事完走し、演出の都合でのネタバレ禁止も、ファンであるBuddiesがしっかり守った素晴らしい公演でした。
今までの櫻坂も毎回ライブでは最高を更新していたわけだけど、アルバムが出るまではやはり曲数が限られている中で十八番の演出xパフォーマンスには制限があり、ゼロから櫻坂を作り上げるための戦術として一曲一曲をより大切に表現してチーム力の底上げに注力するライブパフォーマンスに感じました。それでも十分以上に素晴らしかった。

今回は1stアルバム「As you know?」を提げてのツアー。曲数が増え、チーム全体の底上げも凄まじく、表現や演出の範囲が”(欅坂時代の)従来通り”ができるようになったからか、昔見た上質な映画やミュージカルを見ているようなライブになっていました。
今回私は4回、配信でも2回見たのに全く飽きることなく、一人一人のパフォーマンスや集団でもエグいほど仕上がっており、ストーリーもあってどの席で見ても楽しめる、欅坂時代からの古参ファンにとってはあのチームが帰ってきたと、見ていて”おかえり”という言葉が似合う、懐かしさと強さのアップデートを感じたライブ。櫻坂新規のファンも今まで以上に「なんじゃこりゃ!」と圧倒されたと思う。
1期生はめちゃくちゃ楽しんでる上に貫禄、覇王色が増すばかりで歴史上の人物を見ているようだし、今回は特に2期生の気合いが物凄く、それをパフォーマンスを通して表現の中で観客に伝えられていることの凄さ。櫻坂46であることの自信と誇りを強く感じました。
As you know? そう。古参ファンの私の解釈だけど、さらに凄みを増したご存知の彼女たちの帰還。ここから、メンバーもファンも絶対的信頼を置く最強の初代キャプテン菅井様の卒業を乗り越え、ますますヤバいチームになる。

菅井様のご卒業セレモニーについてはまた次回。

あ、欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪
スピキンの練習も兼ねて、BD11とA12の走行でつくパーへ行ってきました。

(さらに…)

PAGE TOP

bar