no motor,no life

筑波TT参戦記2017年6月〜Dreamin’〜

bar

6月17日(日)快晴。自分が灰色の風と思い知らされた前回の筑波TTから待つこと9か月。ようやく色を手に入れる機会がやってきました。




5時半ごろに到着し、運ぶ荷物の仕分けとバイクを磨いたりしてピットクルーも到着。今回もマクシミリア―ノ449さんに絶好調azukiさん、赤ZのM月さんの体制。TN1のS藤さんはガレージを取っていましたが、今回我々はスズキ&ケンツのテントを使用させてもらいました。

暖気場横で通常の3区画ぐらいある広さだけど、利用者は僕のチームだけなので超贅沢ワークス気分です。広すぎてどう使って良いか分かりませんw
毎度のノーマルカウル&ライト前後テーピング&スリップオンマフラーの走行会仕様(つってもバザーズ入ってますが)ですが、装備&車体の車検も無事通り後は走るだけ。体調は今年のサーキット走行時においては一番良いくらいだけど、ちょっと前日に炎天下で走り過ぎたせいか、搬入する時の1コーナー下の上り通路で足が重くw、体のキレがイマイチな感じ。ジョギングして汗を一度かいておくのも良いけど、暑いし決め所で使う体力ってのもあるから、予選でいっぱい走って汗かいてそれ以外はどこも行かずテントで涼む事にしました。今まで2本目が1本目の走行より遅くなることはないし、ターゲットは以前から楽しい楽しい本番(決勝)の連続周回でタイムを刻む事だけ♪

■予選(AM9:05 気温22度 路温42度)
新ツナギなので、前回のように開始直前でチャックが壊れる事もなくw、6番目くらいでコースイン。やっぱり体が重いなと思ったけどとりあえず飛ばし、1台くらいに抜かれたけどあとは誰にも会わないし後ろもいない様子。まずい!今日の指標が分からないw
5周目くらいにタイマーで4秒20(公式は4秒18)を記録して3列目か4列目かな?と、一度ピットスルーしようかと思ったけど、体調管理とレース日テンションの中での走行経験を取ってフルに走りつづける事にしました。が、やっぱりなんとなく体が切れないのでこれ以上タイムは更新できず。それでも4秒中盤の連続周回がこの状態でできた事は、2本目の短い決勝に向けて手応えありありで良い感じ。これより決勝がきつくなることは無いし。
1点、最終コーナーが前日より最大0.7秒、だいたい毎周0.5遅いのが気になりましたが、心当りはあったので気を付けようと確認。風があったからか、減速時の風圧がいつもの風圧と違って感じられて止め量を計りかねてました。ちょっと気にし過ぎたかな。
予選順位は参加者がみんな速くてグリッドは14位/19台と残念な結果。。。5列目真ん中スタートなので、位置取りは自由にできそうだしスタート練習で手応えは持ってるので気にしない事としました。

今回は予選と決勝の間に翌日の茶耐の特スポが1時間ちょっとあって、時間ができるので蕎麦が食べたいなとコンビニに行きました。前から思ってたんですよ。暑い日のサーキット。イベントなどはほぼお弁当付きですが、そうめんや蕎麦はありません。イタリア人はパスタ食べるのに、日本で蕎麦が出てもいいじゃないですか。夏に涼しいところで蕎麦って最高じゃないですかって。
で、途中azukiさんにゴミと思われても仕方がない状態の僕の携帯&空の蕎麦容器が入ったコンビニ袋をいつの間にか捨てられてしまいw、超焦ってゴミ箱探した以外は順調で(見つかりました。手前から2個目のゴミ箱にあるとはw)、体も良い感じに軽くなってきました。

■決勝(気温26度 路温54度)
スタ前場でみっちーくんからアドバイスをもらい(予選から気になってた箇所なのでありがとう!)、スパ西でご一緒したO寺さんにもご挨拶。

いつもの記念撮影をして、


なぜか時計を持たされたw


川島さんからアドバイスをもらい(一番雰囲気のある写真だ)、


サイティングラップスタート時にクラッチミートポイントを再確認。グリッドについて無事スタート。CB1300とドカに1コーナー外で並んだくらいで少しかぶせるかそのままか悩んだけど、僕は良い人だからそのまま外に向かい抜けませんでした(苦笑)。それでも4つくらい上げられたかな?続いて2ヘア進入とバックストレートで色々整えようと考えていたんですが、無意識に普段2速全開のところを3速に入れてしまい、気づいてないのでそのまま2ヘアを廻り、さて、抜いてった人待て〜ってところでバイクが進まない!失火?エンジン壊れた?(アロンソみたいに)ホンダのストレートの遅さは危険なレベルだ!と思いましたが、メーター見たら3速で立ち上がってました(苦笑)。。。1台はSV650だとわかっていたので取り返せたのですが、それより前は遥か彼方に行ってしまいました(涙)。
あとはレース終盤に1番筑波でやりたい1コーナーでのパッシングもできて嬉しかったです。抜かなければ俺には先が無いとw、車体やエンジンはこっちの方位が高年式だし張ってみました。9周目の入口でスパッと行って、体力も全く問題ないのでそのままガツンとペースUPしてみて3秒6(←ラップタイマー狂ってて本人まだ知らない)。1ヘアのラインぐちゃぐちゃになったけど、欧米人のように苦手な所は捨てて長所(無いけど)を使い切る作戦実行w。前の集団が遠くだけど近づいてきたので、1周で全部抜くよと、追いつけもしなかったけど10周目に3秒5(←本人まだ知らない)でチェッカー。あと2周欲しかったな!2周早く抜けばよかったのだけど、これが実力。
順位は賞典外2台含めて11位(公式には9位)。2台+転倒1台分ポジションUPして終了。ファステスト順では9番手。順位は良くありませんが、何とか筑波で第一目標の3秒台に入れられたので良かったです。ピットロードで3秒5と最終ラップは計れていたのを見たけど、その前がしばらく狂っていたのでGPSチェックと動画で計るまで気が気でなかったですw

問題はこのまま継続してタイムを落とさない事ですが、筑波TT卒業とR枠まで秒単位ではなく0.5秒の領域へ転倒なく来ることが出来ました。どうにか今乗ってるR1000で実現したいですね。へボな乗り手をカバーしてくれて毎度ありがとう!

サポートの449さん、azukiさん、M月さんありがとうございました。KENZさんの安全を考えた助言やサポートも助かっています。基本、我が軍のコンセプトは「死なないように」なので、これからも転倒しないように2秒台へ向けて頑張ろうと思います。

■決勝動画


■最後に今日の最高速
227.9km/h(GPS)。もうこんなもんかなw。ホームストレートはようやく200km/hを超えて201km/h。だいぶ上がってきましたが、またそろそろレブに入りそう。


■GSX-R1000L1 車体メモ
箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値(変更値)
FI/ 16.5 / S→4 / H→8
FT/ 6 / H→4 / H→2と1/2
FC/ 8.5 / H→5 / H→6と1/2
RI/未確認/未確認/全抜きから2
RT/ 4.5 / H→2と3/4 / H→3/4
RCLow(内側)/ 5 / H→2と1/2 / H→2
RCHi(外側)/ 5 / H→3 / H→2と1/2
サスの状態/ 27,700kmでOH。現在29,300km
フロントバネレート/ 0.975(STD) → 1.05
Tire:D212ミディアム
・フロント筑波:25分
・リア:筑波25分
スプロケ・チェーン/ 16(-1)-43(+1)・520
シフトセンサー:受け取り時と同じ。
トラコン:4

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.