no motor,no life

レースのスタートと練習

bar

幸い、過去6レースともスタートから1コーナーまでに2〜6台抜いてるんですけど、感覚的には全部失敗か無難スタートですマジで。
ただ、ピコピコフロント上下したり順位が下がらないように普段やってる事があるので、そんな事をただの暇つぶしで、独断と偏見やウソ?まじえて書こうと思います。

■練習場所
車とかじゃなく歩行での横断歩道。

■方法
青に変わる横断歩道をいかにイキらなく、誰よりも速い一歩と、遅れてもいいから伸びをしれっとした顔でやる。
フライングしたら、「あいつ、イキってるな」となるし、イキってる奴はスタートでピコピコしがち。1500m走で1周目だけぶっちぎりでトップ走りがち(完全なる独断と偏見ですw)。
ここをいかに、イキらなくやり過ごす事が、スタートで順位を下げないコツです(と、書いてみましたw)。
イキった人を横断歩道で信号切り替わり後の出足で抜いたら、すずしい顔して「イキったな」と思いましょう。その時、決して早足にはならない事。早足になった時点で、どんなに良い出足でもイキってます。所詮、横断歩道です。
有楽町ガード沿いのある交差点はイキリポイントなので注意。青かと思ったら車だけ青、歩行者赤だったりするので、レーススタートでイキリそうな人がわんさかいます(また、独断と偏見ですw)

抜かれないじゃなくて順位を下げないのもポイントですね。

自分よりスタートが上手かった人はほっといて、下手こいた人を確実に1コーナーで仕留める、順位キープならラッキー程度が大事だと思います。

GSX-R1000Rのローンチコントロールは思ったよりは使えるのですが、先代のアナログスタートに比べて失敗感(あくまで感覚。タイム測ったら分からん)がハンパないのと回転リミット解除までのギアチェンが忙しく集中する対象が多くなってるので、先の上澄みも少なそうだし、どっかでアナログスタートも試してみたいところです。

茂原モトブレイク2回目-手を繋いで帰ろうか-

bar

何処で人生間違ったのでしょうか。今頃、ラジオDJで下ネタだけのAMラジオレギュラー番組を持ってるはずだったんですけどね。
女性アイドルのDJ相手に1時間下ネタぶっ通しで、見かねた僕の親がアイドルに毎週お詫びの手紙を送って、それを毎週僕が読むコーナーにして、反省してないなって感じで放送したりなんかして。
でもね、ゲストの曲はフルコーラスで掛けるって珍しい感じで(今のご時世はフルコーラスNGなんですかね?テープで録音どころじゃないからな。)って妄想、中学生くらいにしませんでしたか?

どうも、僕です♪

確か11月4日(日曜)だったと思うんですけど、今泉さん欅坂46最後の日(涙)、米谷さん欅書け最後の日(涙)、僕もミニサーキット最後の日?、先月に続きモトブレイクに行ってみました。 (さらに…)

6年ぶりの茂原モトブレイク-rock’n’roll is dead-

bar

「『誰愛』を私は欅でやりたかったの!」熱いな~ええ子や。あの振り付けと動きこそ欅。すみません。ついつい♪
10月6日(土曜日)晴れ曇り一瞬雨。また雨が絡んだw S藤さんがモトブレイクの割引券を持っていたのもあって、2012年7月以来の茂原ツインを走ってきました。

(さらに…)

鈴鹿フル2回目-Release-

bar

3連休は実家に用があったのですが、スケジュールを見てみるとF-1が近いのに鈴鹿フルの走行日がある。もてぎは土日休みナンバー無しライダーガン無視だし、鈴鹿の近くまで行っておいて走れるのに走らないわけにはいかない♪
ということで、久しぶりにドライでスポ走を走ってきました。2本目の最後の3分だけ少し雨ふったけどw

だがしかし、いつもの書き出しが無いと思ったら大間違いだ。ぬかったな!?w

欅共和国2017DVD、ドキュメント→本編と見て、途中「エキセントリック」で不在の2人のパートをあえて埋めないエモさにじーんとしつつ、紅白で持ってかれたままだった心臓がようやく「手繋」で見つかったと思ったらアンコールでまた心臓持ってかれた。体の外側を防御しても内側から持ってく。防ぎようが無い。2018どうなってんの!2019どうなんの!生で「不協和音」が見られた日には心臓だけでなく魂もってかれる。僕の魂は富士の麓に存在する共和国に眠る事になるかもしれない。樹海じゃないよ♪

さて、満足したのでここから走行記録ですw


(さらに…)

もてぎ4回目2018スープロ第4戦決勝編-END有るRAIN-

bar

やーウルトラFESの「二人セゾン」は良かったな〜。1人1人が曲の中の「君」を失った「僕」と同化していてTV画面を埋め尽くす二人セゾン。喜怒哀楽とは違う、二人セゾンという感情が画面から溢れ出る。何言ってるか分からない?新しい感情だから分からなくていい!最後のおじぎですら、全員がこのまま消失してしまうのではないかと思ってしまう儚さ。もう表現できないものはなく、表現できる何かを自分達で創造していくフェーズに入ったんだなと何度も録画を見返す。涙する。見返す。平手さんの腕のケガもメンバーと自信のパフォーマンスが自然とかき消す。もしフルコーラスバージョンで披露されていたら日本の涙は枯れていただろう。危なかったな、日本。

あ、脱線してしまいました♪ 続いてはス―プロ決勝篇ですw
(さらに…)

PAGE TOP

bar