no motor,no life

欅共和国2019の最終日に行ってきた

bar まず、言葉をつけられない忘れられないスゲーものを見させてもらいました。


寝る前の天気予報晴れだったんだけど雨が一日降り続く。傘がなくたって走りたい日もある♪と唄うけれど、これ1っ曲目の暗示だったのかな?(セトリネタバレせずに開演にたどり着けました)。濡れるの前提なので、雨は止まないけど開演前にカッパは脱いで待つスタイル。


オープニングの尾関さんに、自分も含め周りの男女問わずみんな心からの吐露「かわえ〜(かわいい〜)」が止まらず、そんな尾関さんの大活躍にボルテージが高まっていき、と同時に、このオープニング見られるの今日で終わり?嘘だろ1年後のDVD(出ますよねw)かよ〜と思いました。渡邊理佐さんがキュン死して欠場するんじゃないかと思った。語るより見るが早い。特に開演前に2018DVD予告のビシッと律しためたくそカッコいい映像を見ていたので、そのギャップもあるし、今から来年が待ち遠しいです。

ハイライトは何個も出てくるけど絞りに絞り込んであと3つ
1つは原田さんが学業から復帰。卒業は別れ以外にこれからを作るもちろん良い面もあるのだけど、復帰って良いですね。2曲目に早速後ろの泡マシーンに原田さんがいらして、2017DVDのぴょんぴょん飛んでる原田さんではないのだけど、なんか欅感と言うか、原田さんの復帰で欅がより太くなった感じがして、とにかく原田さんお待ちしてましたと思いました。

2つめは「Student Dance」。重低音とセットで押し寄せる世界感が素晴らしいのだけど、間奏のMVにある水を使った演出が、雨や共和国のテーマもあって期待できたものの、それを超えてくる勢いと凛々しい姿に痺れが止まらない。こんなの過去に見た事ないは。新しい凄い物が記憶に追加されました。見せてくれてありがとう。

3つめはラストのサイマジョ。アニバ大阪のLVを見ても思ったけど、この曲(に限らないところがまた凄いのだけど)は、やればやるほど、彼女たちの今が反映されて底も天井もなくどんどんカッコよくなって、見ていて面食らう。3年前の曲だからって見る側が慣れてんじゃねーぞと。その目は生きてるか?と、最後の船出前にビシッとメッセージもらいました。

Team欅坂の天井がまだまだ見えないのが嬉しく思ったのと、とにかく楽しいライブをありがとう!
来年はチケットの取れなさ具合はもっと高くなりそうだけど、なんとか行きたと思います。

※ハイライト追加で、長濱さんの抜けた「バスルームトラベル」をああしたTAKAHIRO先生は改めて凄い人だと思いました。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。