no motor,no life

ラジコン:コース走行57回目-ヤリイカ刺し-

bar 超激戦必死の抽選に当たるとは思ってませんでしたが、櫻坂、そしてもちのろんで欅坂1期生、渡邊理佐さんの卒業コンサート最終日のチケットに運よく当選しました。冠TV番組「欅って、書けない?」放送第1回から6年以上経過。ついにこの方が卒業されてしまうのですが、一期生でまるっとのコンサート形式での見送りは過去になく初で、全櫻(欅)ヲタとしても悲願が実ったと思います。欅坂時代の既卒の一期生も全員こういう形で見送りたかったのですが、いつかは来てしまう残りの一期生の卒業も、メンバーそれぞれが望む形式で盛大に見送ることができればと思います。
卒コンの予想ですが、4thシングルでもセンターを務める高校生の山﨑さんが0番に立ち、櫻坂の飛車角、小林さん渡邊さんの二人が両脇を支えるサイレントマジョリティーの卒コンだけでの解禁、安易な予想ですがあっても全く問題ない、あっても良いと思います♪
あ、欅&櫻ヲタそしてBuddiesの私です。
今回もZENでラジコンを走らせてきました。


渋滞とか信号止まりまくったりで気分的に48時間かけて今年一番のイライラ状態でZENに到着。道中では目的を新利根川での釣りに変えようか真剣に迷いましたw 夜に荒川河口でシーバスやるつもりで竿も持ってきてましたし♪

今週末のレース(スケールツーリング)にはボディもモーターも無いので参加しないのと、32タイヤ指定の時期はタイミング的にそんなに走りに来ないと思うので、タイヤは買わずに手持ちのRUSH28X、RHSU36S、ソレックス40(ラジ天名古屋用に皮剥き)で走りました。半袖の時期は40と教えてもらったのですが、寒いGWになったとしても去年使ったソレックス36があるのでGWのラジ天名古屋対策はこれでばっちりなはずです。


■走行
21.5Tブースト。ギア比6.5。前半のタイヤはRUSH28X40枠ほどの中古。
なんか止まらないなと走らせてたんですが、先週ヤリイカを釣ったので新い包丁を入手して刺身を作ってた時に人差し指を結構深く切ってしまい、切り口が開くと痛いし傷がグリップ剤で汚れるしで絆創膏を巻いているのですが、それでスロットル操作とか指の位置が狂ってたのが原因で、指先の皮膚部分で押すように変えてなんとか対処できました。

1枠目のタイムはとりあえずの13.6秒でいつもと変わりなし。なんかブースト&ターボ合計80でもS藤さんのスケールツーリングと直線スピードそんなんに変わらないのですがw
初速含め全体的満遍なく遅いのは変わらず。お手上げ。

〜余談〜
HOBBYWINGのROAR17.5Tを買おうと某所に予約オーダーを入れたところ、ほぼ2日経っても返事が無いので再度連絡したら、なんか商品リスト落ち(廃盤?)してるけど代理店から連絡も何も無いようで、ラジコンはなかなか遊びたいツールで遊べませんね。私にしては珍しく飽きてきました(というか呆れてきた)w 廃盤?って、今年公認のモーターなんすけどね。ご時世的にドローンのモーターで材料が持ってかれてるなら良いんですが、富士山頂でうどんでも売ってる感覚なのか、HWに限らずなんか発表しろよと。書いてたらG4発表されましたね。G3Rの2022年公認版、何だったんだろう。

その後、晴れてて20度近い気温とそんな日の路温なので3日使用の36Sタイヤに変えたけどグリップ感も弱くずっとアンダーでタイムアップなし。一度、足元の立ち上がりで壁に擦るとわかってて壁キッス程度ならとそのまま操縦を続けたら、継ぎ目の金属部分にタイヤかアクスルを引っ掛けたようで、あれで?ってので足を折る。。。

新品36Sに変えたら、3枠目からグリップしだしてアンダーもほぼ解消。13.1秒でまた12秒に入りませんでした。ギア比を一度5.3に戻したけどなんかブーストが消えたように遅くなった感じだったので6.5に戻した。
最終枠で冷えてきたので28Xタイヤに戻したのですが、グリップするんだけどベストの13.2秒が8分後にも出てるんですよね。36の時も枠の後半でグリップが安定してよく曲がるようになったので、走行後タイヤ温度くらいに温めたり冷まして走り出してるんですがタイヤ処理なんか間違ってんのかな?w インナーが冷めた硬さの方が良いなら、もうタイヤは走行で発熱させるくらいで良いのかもしれない。

40タイヤの時はグダグダでわかってて皮剥き走行してたので良いんですが、前回ほど車はひどくなく安定はしてた方かなと思います。


■IF14-2
IF14-2ユーザーの多くがやる、トップデッキ前側を左右切断を実施。前半は途中切断、後半はさらにヤスリで削って完全切断。特に右下コーナーが小さく曲がれて操縦しやすくなってたので効果はあるのかなあと思いました。カーボンブレースも用意してきたのですが、この日は(このくらいのスピードなら?)無いほうが良かったです。
また、そういえばサスブロックの横を止めるネジが鉄のままだったと思い、アルミに変えるようですがシャーシ裏でも使っているAXONのスプリングチタンスクリューに変更。それまでは36Sタイヤでリアが抜けることがぽつぽつありましたが、変えてからは無くなりました。悪い方の影響は何も感じなかったので、まあこれでいいなってところです。アルミネジにするとネジが折れてサスアームは守れるかもしれませんが、サスブロックホルダー?を紛失すると倍以上の金額するのでそれを嫌いましたw
キャンバーは前後とも+0.5m増やして、以前試してたiアーム長さでSTD+1.5mmが良かった。フロントのトーが広がるのも良いのかもしれない。
これらは過去もそうですが走行毎に1箇所のみの変更で実施し、ベストタイムはこれら全部実施した車両時(36Sタイヤ)。

その他、ベストタイム出た後に0.3秒くらいドンと遅くなって、ピットで車を見たらトップデッキブリッジが無くなってました。。。
そのため、後半の殆どはSTDの固定式を付けて対処。ちょっと遅くなった程度で済んだけど、あれもそこそこ高いから困るんだよな。。。

初速が遅いのはお手上げなんですが、メリハリつけて小さく曲がる車に調整していくしかないかなと。こんなもんだと割り切ってこれくらいで暫く遊びます。そのうち0.2秒は削れるかもしれません♪


■メモ ・なんらかの理由でライン外に出た後にグリップを失ったなと感じた時は遅くてもライン上を暫く走ると回復する当たり前体操。
・モーター進角を52度に振ってみたけど、温度が62度に上がるだけで全然速くならなかった。やはり40で良い。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。