no motor,no life

ラジコン:コース走行146回目-何歳の頃に戻りたいか?-

bar 櫻坂46のNEWシングル「何歳の頃に戻りたいか?」。作曲は欅坂時代から最強の組み合わせの1つのナスカさん。1期生がいないフォーメーションxナスカさんというのも初めてで新章の幕開けを感じるのですが、MVの演出やダンス、小林さんソロ曲とのMV内での繋がりを見ると今までのクロージングのような新章エピローグのような感じもし、もはや次のシングルが楽しみです♪

あ、欅ヲタ&Buddiesの私です♪
レギュレーション変更で1/12熱が半減したのと、いい加減腰据えてラジコンをアスファルトコースで走らせたいんじゃ。ということで、雨だったか寒かったからか忘れたけどM300SRを走らせに一度行ったことのある屋内アスファルトコースのスーパーラジコン大宮でTC10/3を走らせてきました。

(さらに…)

ラジコン:コース走行144回目-新櫻前線-

bar 小林さん卒業&一期生の居ない状態でのCDTVでの新曲披露。新しい櫻坂を自分がどう感じるかと思いながら観ましたが、知らないような知っているグループのような、でもアイデンティティは固く変わらずで最終的には櫻坂だねと思いました。欅坂からの改名の時はキャプテン菅井様や小林さんがいるから大丈夫だと思いましたが、今は卒業したあの一期生達がいたグループだから今後も大丈夫だという感じで、小林さんの卒コンでこれからが不安という感じでめずらしく表で泣いてしまった山﨑さんもバチッとセンターで決めていたので、まずは3月のライブを楽しみに生きていこうと思います♪

あ、試しに卒コンのセトリをプレイリストにして車でかけていたら、やっぱり「Anthem time」、「僕たちのla vie en rose」、「桜月」、「タイムマシーンでYeah!」で条件反射に泣けてきた欅ヲタ&Buddiesの私です♪
先週に続きTC10/3の新車パワー有効活用ということ、まだまだ暖かいとは言っても屋外ピットはキツイので、土曜、月曜の祝日と昼からZENサーキットで走らせてきました。
土曜は渋滞が厳しかったので、あれが春以降だったら途中で釣りに行き先を変えていたと思いますw

(さらに…)

ラジコン:コース走行143回目-目一杯の祝福を…-

bar 櫻坂46小林由依さんの卒コン、初日は会場で、2日目は配信で見送ることができました。
最後まで小林さんらしいのは、自分の卒業を1つのフックに、本編は卒コンというより過去最高の櫻坂46としてのライブをしたことです。こんなにも早く昨年末の3rdアニバを超えた本戦仕様のライブをみられるとは思わなかった。みんな大好きユニット曲「ジャマイカビール」を1曲目に持ってきて残りをグループや期生の曲にしたことで印象を個ではなくグループに向け、”みんなが輝く”櫻坂を最後まで貫き通しました(本編終了後にちゃんとセレモニーは実施)。また、旅立ちのようなものをフックにしたフォーメーションやパフォーマンス中の役割の変更、曲と曲の合間のパフォーマンスや映像で楽曲の解像度がより鮮明になり、観衆の心にダイレクトに伝わるものとなっていて、グループを、ライブを過去最高へとアップデートさせて終わるというとんでもないことをやるカッコよさとセンス。小林由依の卒業であるとともに櫻坂が小林さんから卒業するような、悲しいけどそれぞれがもう先の未来へ進んでいるなんとも言いがいた素晴らしいライブでした。革を用いた卒業ドレスまで似合っていて、最後までカッコよくセンスのかたまりなそんでもって努力家。8年半の活動、お疲れ様でした。

で、その前のこれ。多分ほとんどのファンは気づいていてこの距離感を保つマナーの良さ。居合わせたファンも謎のピンクパンダ(小林さん)も最高です。

また、関係者席に小林さんと同期の欅坂46一期生が引退等している子含めほぼ全員揃っていたようで、多くの目撃談で平手さんが率先して盛り上げてたってのが、ファンは見れなくて良いからそういう空間が終演後の楽屋でもあったというだけで泣ける。活動の終わり方は人それぞれで綺麗に終われなかった子もいる中、一期生は特に小林さんには大会場で笑顔でみんなで送りたい、笑顔で終わるリアリティであって欲しいというのが本懐でもあった感じもするんですよね。元キャプテン菅井様が残した言葉のように、小林さんが笑顔で活動できるグループになっていますし。
これから欅〜櫻坂通して表題曲メンバーに小林さんが居ない、一期生も居ない新章が始まりますが、残る3人の一期生とグループをしっかり応援したいと思います。

あ、「Anthem time」、「桜月」、「Start over!」の今回の演出考えた人にノーベル櫻坂46賞をあげてほしいのと、「タイムマシンでYeah!」、「Anthem time」、「僕たちのla vie en rose」がなんで泣きソングになるんだよ天才だなと思ってる欅ヲタ&Buddiesの私です♪
バッテリー4本中2本死にそうでバッテリーも売ってないけど、これ以上TC10/3をつくパーで走らせて新車パワーの無駄遣いをしても仕方がないと、まだ暖かいので超久しぶりにZENサーキットに行ってきました。

(さらに…)

ラジコン:コース走行140回目-続TC10/3-

bar 櫻坂46の年始CM。去年は松田キャプテンの「Buddiesのみんな、準備はいい?」から緩やかに始まった怒涛の展開。今年は藤吉さんの「さあ、どこまで行こうか?」。藤吉さん&この言葉。今年は反転攻勢とかではなく初めから能動的にガツガツいくぞって感じで、俺たち私たちのロックスター軍団の活躍が楽しみです♪
あ、欅ヲタ&Buddiesの私です♪
HOTLAPで1/12を走らせたら楽しくて2日行ってしまいラジ天には泣く泣く行けませんでしたが、帰省から戻る途中に寄り道して半日だけラジ天名古屋でTC10/3を走らせてきました。

(さらに…)

ラジコン:コース走行138回目-TC10/3初走行-

bar THE FIRST TAKEでの藤吉夏鈴さん魂の歌唱(グループで歌う曲だから1人だと息継ぎや音程難しかろうに)。紅白でのパフォーマンス。存分に「Start Over!」を楽しめました。2023年は「桜月」での蹴り出しが凄かった櫻坂46。2024年も楽しみです♪

クリスマスに人生初のインフルエンザ判定されて年末年始の予定がズレましたが、買っておいたツーリングカーの新車、AXONのTC10/3をラジ天名古屋で走らせてきました。ついでに1/12(AK12のJM21.5T)も走らせてきました。


■AK12
1/12でインドアアスファルトが初めてで、ラジ天なのでアンダーかピクピクかどっちだろうとコースイン。とりあえずリヤタイヤはボンバーイエローMで42.8mmくらい。
1/2の12時、前日が休みなので1年で1番グリップがなかったかもしれませんが、全然曲がらない方向でとりあえず安心したw
キャスターブロックを5から10に変更し2本目からはなんとなく曲がるようになって、12.5にして良さそうだけど時間がないのでキャスターブロックはこのまま固定。
リヤタイヤはイエローMS、イエロー・オレンジコンビ、オレンジのコンビと試しましたが、オレンジのコンビが一番つくパーに近い感覚で走らせることができて良さそうでした。最後に本命のオレンジMをおろしましたが、期待したほど爆発力もないような感じで、オレンジMSが良いのかな?と思いました。
タイムは13.4秒とだいぶ遅いですが、ピニオンセットを忘れて指数60で直線がツーリングカーより遅かったのでこんなもんでしょう。買っても良いのだけど時間がないのと同じピニオン3つも4つも要らないのでね。

思ったより楽しく走れてよかったのですが、楽しく走れるコースがこう遠くてあまり行けなかったり近くてもレースが少なかったりで、1/12をやるにしても地元住まいが良いなあと思いました。こうなるともうKARPで悶絶したくないなwww

タイヤの減りが早くてラジ天サイズのタイヤが消滅してしまったのでw、あとはHOTLAPで走らせようかなと思います。380の10.5Tをあそこでも試したいし。

■メモ
・幅広ハイグリップコースでキャスターブロックは7.5〜12.5で良さそう。KARPはどっちかよくわからんけど5。
・スプリングは前、サイド、ピッチング全部でブラックを使用。リヤはこれ以上硬くするとテーパー状の減りが酷そう。
・リヤタイヤはオレンジのMかMS。オレンジのコンビも良い(多分日中帯で有効)。



■TC10/3(17.5Tブースト)
説明書のまま組んで、変更点は車が軽いのでできるだけ均一に重りをとロアアーム下のスペーサーを3x8x1.0のブラスにしたのと、ショックオイルの32.5wtがなかったので手持ち450番(YOKOMO)にしてみました。あとで調べたら32.5wtだと400番前後くらいのようなので、指定より硬めのオイルだったようです。
思ったより足回りにガタはありますが、前後左右同じくらいなら問題ないと思うので気にせず。

タイヤはソレックス32。ツーリングカーは半年ぶりに走らせました。1周目に一度左下で巻きましたが、あとはミス以外の不自然な巻きはなくとても安定して走らせることができました。アンダーというかは車全体で路面を掴む感じで、2009-2012年式あたりのGSX-R1000で初めてサーキット走った時の感覚。控えめに言って最高でした。巻かずにちゃんと車っぽく走るし直線でのラインの自由度が増えて修正も楽しい。5枠だけ走りましたとにかくぶつけない何も壊れないホイールも割れない。これだけで大満足w
最終枠でステアを深く切ると巻く現象が起きましたが、ロアアーム取り付けのビスが緩んで発生したようなので問題なし。

タイムは13.2秒(90gの重いボディー)と12秒代に入れることはできませんでしたが、このベースがある車だとスロットルを握れるので楽しく走らせられそうです。あとは説明書より重めだったダンパーオイルを軽め方向に変えてみても良いかもしれません。

セットは何もいじりませんでしたが、リヤのリバウンドをややありくらいに変更してみました。特に体感では変化なしなので初期セットに戻しました。


用事で18時には切り上げたので、帰る前にもう1回、できれば2回ラジ天に行って何か試すか、BD11で私はできなかった連続ラップ&タイムアタックというのもやってみたいと思います。去年は8分走らせる1/12にどっぷりだったからか、車が良いので5分走らせるのは何も問題ありませんでしたw

PAGE TOP

bar