no motor,no life

筑波A1、B2−釣れないバカ日誌化−

bar 9月4日(日)曇りときどき雨。そろそろ最近の記事が釣りで埋まってきてまずいので(苦笑)、ってか、こっちは走りたいのに天気や忘れ物が走らせてくれないのですが、急遽天気予報を見てバクチで前入り筑波をしてきました。
みなさん予約をキャンセルして終日ドフリーなはずだったんですが、前日の夜までに朝1のB枠が埋まってしまい(※)、シフターの点火カットタイミング調整をしたいだけなのでA枠を購入。
 ※7時頃の降雨でしっかり路面が濡れたのには焦ったと思いますw

前日夜までやってた4輪耐久(たぶんスリックじゃないからまだ良いけど)のラバーが残ったままっぽいので、”感じ”にだまされずやや慎重にウォームアップ。やっぱり詰まったり赤旗出たり抜くのイヤだったりで10秒台ってのはどうでも良いので置いといてw、2速→3速のレブ付近でのシフターがどうも渋い。点火カットタイミングを前後にずらしても渋い。11,000回転くらいだとスムーズに入るけど、3速を回し切るのに時間が掛かってスピード面でロスが出る。だいたいレブ付近で3速に入れると直ぐにFIエラーランプが着くし、なんかクラッチ的なメカニカルな部分でなければ良いけどっていう物理ショックが出るのでわりと不安。

続いてB2も空いていたので購入し、引き続き点火カットタイミングを変えてもほぼ同じ症状。ん〜、裏ストの2速→3速は手動でやんなきゃまずそう。
にしてもだ、ストレートで引き続きごぼう抜かれされたり、進入でクロスラインさせるような事もなく簡単に入られたりでかなり落ち込んだw 裏スト219.8kmのホームストレート198kmなんだけど、600ccくらいのスピードなんだろうな。アジアの立ち上がりで滑るかなと思いながら開けてぐぐっとリアが滑ったのは何故だか嬉しかった(苦笑)。あとはホームストレーエンドでのブレーキング開始を我慢してラインを外れてのオーバーランもそこそこに戻して引き続きアタックしてみたり、やっちゃ行けない事も試してみました。

筑波は走る度に開けれど開けれどみるみるタイムが落ちて、やってる感じより結果に2秒ほどラグがあって自分でも結構引いてる。次回TTはテールエンダー必死(苦笑)。同じテント&お知り合いのみなさん頑張ってくださいw
特スポは久しぶりにSC1だからちょっとはテンション上がるかな!

あとは、そろそろ発電機買って前入りは止めなきゃと思います。車中泊(あんま寝れない)は体調不良の原因。

■GSX-R1000L1 車体メモ 箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値
FI/ 16.5 / S→4 / S→0
FT/ 6 / H→4 / H→1と1/2
FC/ 8.5 / H→5 / H→6と1/2
RI/未確認/未確認/全抜きから2と1/4
RT/ 4.5 / H→2と3/4 / H→3/4
RCLow(内側)/ 5 / H→2と1/2 / 未確認
RCHi(外側)/ 5 / H→3 / 未確認+3
サスの状態/ 27,700kmでOH。現在27,900km
フロントバネレート/ 0.975(STD) → 1.05
Tire:前SC1/後SC2(リア200)
・F/Rともに筑波120分、西浦35分
空気圧
・F:1.95→2.0 R:1.85→1.95(後)
路面温度は40度前後
スプロケ・チェーン/ 15(↓2)-42(STD)・520

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。