no motor,no life

筑波B1、B3、おかわりB4〜Rebuild〜

bar

9月17日(土曜)晴れ時々曇り。何もかもがズレてあまりもの体たらくで精神的にかなりヤラれた筑波TTからの1週間。多少なりともあった自信をここまでズタズタに切り裂かれたのは記憶に無い。遊びなんだけど(苦笑)。ここでだめだったらレースどころかサーキット走行すら止めようかとも考えながら、STDセットに一途の望みを託して前日入りしました。

到着したらサスセットを前後STDに戻し、フロントのバネレートは上がって突き出しはゼロのままだけど、とりあえずSTDと言う事でB1枠をピットアウト。アウトラップの1コーナーで今までとダンチで曲がる事を確認し、まずほっとしました。TTで頑張って7〜8秒、ひねり出して6秒5だったのが、6秒前半が楽に出る。逆にバイクが前後左右に簡単に動いてここ2ヶ月のイメージが残った体は直ぐに慣れませんが、ほんとにうちの子?ってくらい良く動く。ピットに戻ってちょっと微調整して終了。

続いてB3枠で5秒5と自己ベストと誤差の範囲のタイムまで戻す。ピットに戻って微調整して、少々バランス変わったかなという所で終わり。なお、バイクを押し出してリアスタンドを外そうとして変にスタンドがハマって立ちゴケして助けてもらいました(苦笑)。

本来2枠だけだったんですが、セットが良いから体力が余っているし、悪いイメージを払う必要があるのでもう1枠B4をおかわり。B3のセットで5秒5で5周ほど連続周回をして、気になる所をピットで微調整して良いバランスになって5秒4とほんの少しベストを更新して終了。まだ体が全抜き→ハードセットの名残でビビってるのでバンクに躊躇する場面もある。後追いは性分として汚いという考えから好かないけど、わがまま言ってられないので、スリックのリッターの方に抜かれた時に最終から1ヘアまで動きを見せてもらってからだいぶ自然に動けた。各所メーター読み5〜13km/hくらい上がっているので、足が間違ってると全然違うんだなと再認識。最終がバッチリ決まったホームストレートで前回+20km/h(メーター読み)には我ながらビビって1コーナーを大回りしたw

■今日の最高速
223km/hなんだけど、ノって来たB4前にログデータを吸い上げてから電源を入れ忘れてしまったので終日でどうだったかは不明。ホームストレートの「前回+20km/h(メーター読み)」も同じくログ無し。。。メーター読みでもB4枠は全体的に良かったからちょっとは上がってると思いたい。

まだまだ遅いんですけど、ゼロに戻せてほっとしました。6月のTT以来、バイクに乗る事がとても楽しかったです。ほぼ初物のスパ西浦は楽しかったけど(笑)。このセットを基準でしばらく走り、バイクも人間も再構築したいと思います。

STDセットすげー(笑)


■メモ
・今後、コーナーの入りは足開いとく。
・最終は体をコンパクトに(この日は風があったから余計に)。
・寝かせるというかまだホールドできる。
・2速→3速シフターのショック&FIエラー消えず。。。
・ブレーキはもう少し引きずる。

■GSX-R1000L1 車体メモ
箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値
FI/ 16.5 / S→4 / S→4
FT/ 6 / H→4 / H→3と1/2
FC/ 8.5 / H→5 / H→5と1/2
RI/未確認/未確認/全抜きから2
RT/ 4.5 / H→2と3/4 / H→2と1/2
RCLow(内側)/ 5 / H→2と1/2 / H→2と1/2
RCHi(外側)/ 5 / H→3 / H→2と1/2
サスの状態/ 27,700kmでOH。現在28,100km
フロントバネレート/ 0.975(STD) → 1.05
Tire:前SC1/後SC1(リア200)
・F/Rともに筑波80分
空気圧
・F:1.95→2.0 R:1.95→2.0(後)
路面温度は37〜40度
スプロケ・チェーン/ 15(↓2)-42(STD)・520

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.