no motor,no life

中華カウルの経年劣化について

bar 中華カウルに変えてからもうすぐ2年。どのくらいヤレが出たか確認しておこうと思います。

■色 青い箇所は見た目ほぼ変わっていない(寒色、暗い色は変化が小さければわからない)と思いますが、白い部分は場所によって日焼けが目立つようになってきました。

あと、色が移るようで、固定紐の赤色が少々のかっています。
2016120501
通常はショックを当ててますがショックが見つからなくてそのまま固定した時のですね。

飛散防止でテープを張った後、剥がすときに一緒に一部の塗装も剥がれました。。。
2016120502

■スクリーン 段ありスクリーンも着いていてラッキーと思って付け替えたのですが、外に置いておいたら何もしてないのにカタツムリが這いずったような跡が初日から発生(苦笑)。
2016120503
届いて家の中にあったときはクリアだったんだけど。。。塗装時にスクリーンにこぼしたクリアが日に焼けて浮き出たかな?まあ、中華物なので。。。

■強度 建てつけが悪いので当然多くのジョイント部分でひずみが発生しているはず。プラスチックも固めで柔軟性に乏しい。何箇所か爪は取り付け時や自然にでも割れましたが、メンドクサイので外す必要のないジョイント部分はドリルで穴を開けてタイラップ固定にしました。
2016120504-1

焦ったのはここ。
20161206
9月のTT前日特スポ走行時に爪が割れたらしく、カウルがグニャって折れて後ろ向いて地面擦ってた(苦笑)。
2015年はトミンと公道を走ってましたが、公道は飛ばさないしトミンでも100km/hオーバーは数秒なので、2015年の冬から始めた筑波で100~200km/h前後の風圧には絶えられない強度またはいなしの無さなんだなと。。。

書き出すとアラしかないのですが(苦笑)、当時は公道も走っていたけど(トミン自走通い)ライト付き8耐カウルは有識者からおススメされなかったし、追金無しでカラーリングもオーダー(※)できて、純正より全然安いので新車時から付け替えるのもありだと思います。
 ※今、オーダーできるショップがあるかはわかりません。

なお、このカウルですが、僕オーダーの物が今はe-bayでつるしで買えるようです。カッコイイからしょうがないな〜って、ベースのTyco SUZUKIが格好良すぎなだけだけど。
次カウルが壊れてオーダーが必要な時はCG作る手間が省けるから良かったw
http://www.ebay.com/itm/Injection-Molding-Fairing-Bodykit-Cover-For-Suzuki-2009-2016-GSX-R-GSXR1000K9-11-/122255620624?fits=Make%3ASuzuki%7CModel%3AGSXR1000

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。