no motor,no life

レースのスタートと練習

bar 幸い、過去6レースともスタートから1コーナーまでに2〜6台抜いてるんですけど、感覚的には全部失敗か無難スタートですマジで。
ただ、ピコピコフロント上下したり順位が下がらないように普段やってる事があるので、そんな事をただの暇つぶしで、独断と偏見やウソ?まじえて書こうと思います。


■練習場所 車とかじゃなく歩行での横断歩道。

■方法 青に変わる横断歩道をいかにイキらなく、誰よりも速い一歩と、遅れてもいいから伸びをしれっとした顔でやる。
フライングしたら、「あいつ、イキってるな」となるし、イキってる奴はスタートでピコピコしがち。1500m走で1周目だけぶっちぎりでトップ走りがち(完全なる独断と偏見ですw)。
ここをいかに、イキらなくやり過ごす事が、スタートで順位を下げないコツです(と、書いてみましたw)。
イキった人を横断歩道で信号切り替わり後の出足で抜いたら、すずしい顔して「イキったな」と思いましょう。その時、決して早足にはならない事。早足になった時点で、どんなに良い出足でもイキってます。所詮、横断歩道です。
有楽町ガード沿いのある交差点はイキリポイントなので注意。青かと思ったら車だけ青、歩行者赤だったりするので、レーススタートでイキリそうな人がわんさかいます(また、独断と偏見ですw)

抜かれないじゃなくて順位を下げないのもポイントですね。

自分よりスタートが上手かった人はほっといて、下手こいた人を確実に1コーナーで仕留める、順位キープならラッキー程度が大事だと思います。

GSX-R1000Rのローンチコントロールは思ったよりは使えるのですが、先代のアナログスタートに比べて失敗感(あくまで感覚。タイム測ったら分からん)がハンパないのと回転リミット解除までのギアチェンが忙しく集中する対象が多くなってるので、先の上澄みも少なそうだし、どっかでアナログスタートも試してみたいところです。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。