no motor,no life

ラジコン:コース走行87回目-AS you know?-

bar 櫻坂46の全国ツーアーが無事完走し、演出の都合でのネタバレ禁止も、ファンであるBuddiesがしっかり守った素晴らしい公演でした。
今までの櫻坂も毎回ライブでは最高を更新していたわけだけど、アルバムが出るまではやはり曲数が限られている中で十八番の演出xパフォーマンスには制限があり、ゼロから櫻坂を作り上げるための戦術として一曲一曲をより大切に表現してチーム力の底上げに注力するライブパフォーマンスに感じました。それでも十分以上に素晴らしかった。

今回は1stアルバム「As you know?」を提げてのツアー。曲数が増え、チーム全体の底上げも凄まじく、表現や演出の範囲が”(欅坂時代の)従来通り”ができるようになったからか、昔見た上質な映画やミュージカルを見ているようなライブになっていました。
今回私は4回、配信でも2回見たのに全く飽きることなく、一人一人のパフォーマンスや集団でもエグいほど仕上がっており、ストーリーもあってどの席で見ても楽しめる、欅坂時代からの古参ファンにとってはあのチームが帰ってきたと、見ていて”おかえり”という言葉が似合う、懐かしさと強さのアップデートを感じたライブ。櫻坂新規のファンも今まで以上に「なんじゃこりゃ!」と圧倒されたと思う。
1期生はめちゃくちゃ楽しんでる上に貫禄、覇王色が増すばかりで歴史上の人物を見ているようだし、今回は特に2期生の気合いが物凄く、それをパフォーマンスを通して表現の中で観客に伝えられていることの凄さ。櫻坂46であることの自信と誇りを強く感じました。
As you know? そう。古参ファンの私の解釈だけど、さらに凄みを増したご存知の彼女たちの帰還。ここから、メンバーもファンも絶対的信頼を置く最強の初代キャプテン菅井様の卒業を乗り越え、ますますヤバいチームになる。

菅井様のご卒業セレモニーについてはまた次回。

あ、欅&櫻ヲタなBuddiesの私です♪
スピキンの練習も兼ねて、BD11とA12の走行でつくパーへ行ってきました。



新品タイヤは揉むことを知ったので、レース用のタイヤを2セット買って家で準備しておこうと思いましたが、まさかの売り切れでありませんでしたw
前日とかでも買えるよね?ってか、パークリやグリップ剤に指定があるのにマーキングとか管理はどするのだろう?
スピキン出るのは初めてなので情報がない。


■21.5Tブーストでの走行
前回レースで3枠使った中古ですが、スピキン指定のパークリで拭いて、指定のグリップ剤でまず5分塗布で走行してみました。

謎のグリップ剤。他のコースでも使えればいいんだけど。新たな指定品を買うのはめんどくさいし、ラウンドレースでの選択肢が増えたのもまためんどくさい。

私が14時からの走行なのと、そこそこ台数がいたのと、前回いなかった1/12がいるので単純比較はできませんが、5分塗りでは9秒台には入るものの、何か重い感じがしました。
次に、塗布時間を3分にしましたが、タイムは大体9.7秒までは出るもののまだ重い感じ。
次に塗布時間は3分のままフロント7分塗りで出るも得意に変わらず。最後に前後スプリングを2.1-2.4に1段上げて走行。とりあえずベストは更新して9.6秒は出たものの、何か油断してると重いな〜といった感触は残ったまま。
次回は、

・モーターのローターを鉄(STD)に変えてみる。
・塗布時間を2分とか、3分で拭いて5分放置。

これらを試してみようと思います。


ストレートエンドでインに寄せすぎて久々に引っ掛けクラッシュしましたが、壊れなくてよかったw



■A12 21.5T
前回のシェイクダウン時のタイヤは、フロントがオレンジMHかカワダLどっちか、リヤはカワダのLラバーで、数枠の走行と1/12は私一人でしたが9.1〜9.3秒まで詰められました。
今回は前後ともイエローMSを用意し、1/12も他にいるだろうから8秒台には入れたいなーと練習開始。

が、私、タイヤを作るのが下手なので、真ん中からタイヤが剥離したりでイエローMSでは何もできないままタイヤを壊してしまいましたwww

残りの時間は余ってたオレンジMHと外側の端が概ね欠けているカワダLラバーで走らせましたが、9.000秒のあと、8.9秒に入れることには成功。速い人たちで8.2〜8.5秒みたいなので、とりあえずあと0.4秒削りを目標にしようと思います。
A12は操縦自体はツーリングよりやりやすいので、タイヤが壊れなければラインを詰める作業がただただ楽しいです♪

とりあえずなんとかしてタイヤをしっかり作って用意しないといけないことと、タイヤが壊れる原因の縁石を踏まなようにしないといけない。踏んでも、どこの縁石が壊れてるか(ささくれ立ってたり釘が出てたり)わからないのでこれが難しい。実車みたいにコースウォークで確認する時間もないし。

モーターに関しては、TOPスピードはそう変わらない感じですが立ち上がりが遅れるので、JustockのESCかモーターかわかりませんが、これはまあおいおい。次回はツーリングで使っていたROAR規格のGSTYLE21.5Tも使ってみようと思います。ブースト用ローター(鉄だけど細い)だけども。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。