no motor,no life

レース前整備-青空の下でまだ無理をしなきゃいけないか-

bar 筑波TTでS藤さんが予選のチェッカーラップで逆転ポールを獲得した翌日に青空整備@トミン(レース展開は言わないw無事感想!)。9月も半ばに差し掛かるけど普通に暑くてちょっと熱中症気味になりました(苦笑)。
前回に転んだ内容をバイク屋さんに話すと、体重やら他の同型車ライダーの動向やらでフロントのバネを変える事にしました。次のレースぶっつけになりそうだったけど、次よりその次(というか来月予定している鈴鹿のためw)のためにとっとと交換する事としました。毎走、底付きしてイニシャル締めてますしね。ブレーキリリース時の戻り動作も速いし。茂木でもブレーキング中のシフトダウンでサスが戻る(のが体感できちゃう)今までにない感じなんですよね〜
油面UPのバネは10.25→10.7へ。同じBFFサスのZX-10R用キットパーツがバネ長も同じで流用できて、2本6,000円でお釣りがくるレベル。日曜にトミンで1コーナーだけしっかり目に走って試した感じ、絶対スピードとブレーキング時間が足りないので良く分かりませんでしたw STD+2でイニシャルは落ち着いた感じでしたが。

ブレーキのエア抜きもしたのですが、今はRACING GEARの4.2を入れてもらっているのでしばらく継続。335に総入れ替えするのも手間だし、要はこれも日曜に試走して思ったけどマスターのタッチ、特にリリースの感覚が嫌いなだけなので。
Array
今回の対策で、鈴鹿1コーナーブレーキング中の4速時に必ず起きるフロントダダダ。シケインでブレーキリリース動作すると戻りが速い。筑波だと最終進入時に同じくダダダって症状の原因が(今の操縦レベルでの)改良できたら良いなと。

今度はもともとだったかフロントとの対比でリアが押した反発で反応良すぎな感じもしてたけど(各値3点は1/2締めて)、スピード域が違うと善し悪し判断ができないので、とりあえずフロントが強くなったって事で、もてローの予選中に確認します(苦笑)。朝の特スポ、今回から通知もなく廃止になってるので(怒)


■GSX-R1000RL8 車体メモ 箇所/ 調整範囲 / STD / 現在値(変更値)
FI/ 未確認/S-7.75/S-10
FT/ 未確認/H-2.5/STD
FC/ 未確認/H-3.0/STD
RI/STD(値未確認)/STD+1/2
RT/ 未確認/H-3.0/H-2.5
RC/ 未確認/H-2.0/H-1.5
サスの状態/ 現在700km
フロントバネレート/ STD(10.25)→10.7(K社同サスのキットパーツ。)
Tire:D213 F:ソフトR:ミディアム
・フロントリアともにもてぎ40分、トミン20分
走行エア圧F:2.6 R:1.5
スプロケ・チェーン/ 15(-2)-45(STD)・525(STD)
トラコン:7(効いてるか目視でも体感でもわからない)

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。