no motor,no life

筑波ライセンスをゲットしてきた

bar バイクに乗り始めて9年目の今年。ついに筑波ライセンスをゲットしてきました。

■思った事 現在Duke690Rで頑張ってるS藤さんとご一緒。3時間程の講習(座学のみ)でゲットできるのですが、半分くらいが予約の方法の説明。マナー・ルール関連の話しもあるのですが、今まで経験したトミン、茂原(当日ブリーフィング)、スパ西浦(講習あり&当日ブリーフィング)よりかなり圧の低い注意で終わり、ここで初めて講習を受ける人がコースに出るとなると・・・聞きおよぶカオス状態は容易に想像ができ・・・筑波のスピード域であまりそういう人達とはご一緒したくないと思うのは必然ですよね?(苦笑)。

レース経験車が多くいるB枠から上の方が安全(コーナー中に抜く人が少ない)というのも分かる話しだし、レースでもないのにコーナー進入や旋回中に抜こうという考えは、我々素人の集まる場所ではホントに危ないと思う。motoGPライダーのポル・エスパルガロも、鈴鹿8耐でさえ、タイム・実力差があって動きが予測できず危険と感じたと言っていて、実際それが原因でヘアピンでぶっ飛んでますしね。
怪我をしたくないならまず自分がルール・マナーを壊さないのは大前提ですけど、なるべく早めにB枠に行きたいと思いました。基準タイムが出たとしてもレーサー(最低限、カウル、ワイヤリング)にしないといけませんが、より安全な遊び場を確保するための作法と考えれば必要な事だから問題ない。

■走行予約できるか? 土日しか走れない僕らにとっては結構ハードルが高そう。とりあえず予約の取り方は覚えたけど、仕事のスケジュール帳が筑波の予定で埋まってしまいそうですw。今月の走行枠は埋まってるし、9月に関してはファミリー枠を除き祝日に1回しかチャンスがない(苦笑)。ライセンスを取った日に、希望者が1枠だけ必ず予約ができるようにして欲しいなw。
梨本塾の裏塾、”84JK”で、数人のメンバーでTTに出ようぜって話しもしてて出たいけど、日程を精査してみるとmotoGP観戦の翌週が筑波TT。もし練習走行ができなかったら、2年前のトミン30秒台だった頃に走った1分10秒以来、次に走るのがTTの予選になる。さすがにちょっとキツいんじゃないかな(苦笑)。最悪、3年ほど行ってない茂原に行って50秒台くらいで走れたら良いんだろうか…。
とりあえず、予約可能日は、電車の中にいても、仕事ですらやらない電車内でパソコンを開く意気込みで頑張ってみますw。

やっと本コースへの第一歩を踏み出しましたが、トミン通いは良い練習になるから止めませんし、何しろトミンは今のベースを作ったホームコース。まだまだ攻略なんて全然できてないけど(苦笑)。引き出しを増やす為に、他のサーキットも走ってみたいなと色々調査中です。

PAGE TOP

bar コメント (0)件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。